German Suplex Airline

09th 8月 2012, author: Shinji Maeda

この作品は、German Suplex Airlinesという航空会社を設立するきっかけになった作品です。 そもそも、この作品は、日本、ドイツ交流150周年記念の展示会で発表するだけのために製作しました。 不幸にも、製作中に未曾有の大災害が起き、展示自体も開催が危ぶまれましたが、展示の企画自体を 被災者の方々の復興のお手伝いをできればという運びに変わり、作品のコンセプトも変更して展示に踏み切ることができました。 この作品は、実はガレキを使用して製作されています。 表面のカールゴッチのパンツには被災した市町村のマークが散りばめてあり、震災に打ち勝つ強さみたいなものをデザインしてみました。 この作品は、その後、多く思いをかき立てる作品となりました。 僕は、飛行機の一部を作ったことにより、飛行機全体の美しさに惹かれました。 そして、いっそのこと、飛行機自体を手に入れる企画を始めようと心に決め German Suplex Airlinesという航空会社設立を決めました。 そして、それを運営するにあたって、優秀な人材を集めました。 今後、どのような動きをしていくか、ご注目ください。

–GERMAN SUPLEX AIRLINE–

This work is chance to establish an airline called German Suplex Airlines.

First of all, I produced it for  only announced an exhibition <150th anniversary of  interchange, Japan- Germany>.

However,  the project was in progress, and 311 happened.

Therefore, even the holding of the exhibition was anxious about,

but It could open  to change the concept that the eagerness such as “what can we do for stricken area”

by organizer and artist.

Actually, this work is made by debris.

The marks of the cities, towns and villages where I suffered from are inlaid underwear of surface Karl Gotch with,

I designed something like strength to overcome an earthquake disaster.

This work stirred a lot of thought afterwards.

I was attracted by beauty of the whole airplane by having made a part of the airplane.

And I make up my mind to begin a plan to obtain airplane in itself rather,

I decided the airline establishment called German Suplex Airlines.

And I collected talented people on running it.

Please pay attention in future what kind of move we make.